歌|キャンディ:マンディ・ムーア - penのお菓子日記

歌|キャンディ:マンディ・ムーア

お菓子がタイトルや歌詞に入っている歌について時々書いていこうと思います。きょうはマンディ・ムーアのキャンディ。

PVはこちらです。
Candy - Mandy Moore


さわやかですね。マンディ・ムーアの1999年のデビューヒットです。彼女は1985年4月10日生まれですから、当時14歳。え? 14歳? 自分が14歳だったころとあまりにも違います。

1990年代の終わりから、2000年代のはじめにかけて、こういった少女(ティーンエイジャー)の音楽がブームになったことがありました。

代表的なのはブリットニー・スピアーズ、ジェシカ・シンプソン、クリスティーナ・アギレラ。

この曲も、ブリットニー・スピアーズにそっくりですが、私はわりと好きです。マンディ・ムーアは良くも悪くもブリットニーみたいに濃くないところがいいです。


おもしろいやん、と思われたら応援クリック、お願いします。
にほんブログ村 スイーツブログ 手作りお菓子(個人)へ
にほんブログ村


彼女は歌よりお芝居のほうに才能があったようで、ここ10年ぐらいはアルバムを出しておらず、映画で活躍していますね。


歌詞の中に出てくるお菓子は

I'm craving for you
I'm missing you like candy

あなたを求めてやまないの
あなたのことがお菓子みたいに恋しい

また

Your love's as sweet as candy

あなたの愛はお菓子のように甘い


恋人がどっかへ行ってしまったので、戻ってきて、と歌っています。


歌詞はこちらにあります→MANDY MOORE LYRICS - Candy

キャンディ


candyは英語では、日本語で言うキャンディー(あめ)だけでなくいわゆる甘いお菓子一般をさします。チョコレートやヌガー、ジェーリービーンズ、グミ、みんなcandyです。

俗語で麻薬のこともさします。

crave for は「渇望する」で、よくチョコレートをcrave for するなどと言ったりします。

こういうキャンディを求めてやまないというのは一種の中毒です。砂糖はアルコールやコカインの作用と同じように、脳内の神経伝達物質であるドーパミンやセロトニンの分泌を促すそうで、常習性があると最近言われています。

私はチョコレートは苦手なのですが、あんこがあるとあるだけ食べてしまいます。危ないです。

さて、マンディ・ムーアですが、身長が1メートル76センチありアメリカではファッションリーダーとしても人気です。一時期、自分でもニットのデザインを手がけており、特に背の高い女性のための服をデザインしていました。

ビデオの中では腰にCDをぶらさげてるシーンがありますね。14年前のビデオですが、まだiPodがなかったことがわかります。

時はかくもめまぐるしく過ぎてゆくわけです。

edit
タグキーワード
お菓子の出てくる音楽カテゴリの最新記事
2013-02-05 22:15 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © penのお菓子日記 All Rights Reserved.
アディポサイトカイン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。