歌|サヴォイ・トラッフル:ザ・ビートルズ - penのお菓子日記

歌|サヴォイ・トラッフル:ザ・ビートルズ

お菓子にちなむ音楽をご紹介します。先日、ジョージ・ハリスンの曲について書きましたが、きょうもジョージの歌です。

Savoy Truffleというタイトルの曲で、1968年発売のビートルズのホワイトアルバムに収録されています。タイトルを初め、歌詞にもたくさんチョコレート菓子の名前が続きます。

まず、曲を聞いてください。チョコレートの写真がたくさん使われている動画です。3分


ホーンセクションがかっこいい曲ですね。

歌詞はこちらで確認できます⇒SAVORY TRUFFLE LYRICS - THE BEATLES



truffle は日本語ではトリュフ(トリュフチョコレート)にあたります。トリュフはフランス語のtruffe から来ていますが同じものです。

洋酒や生クリームをまぜて柔らかくしたチョコレートを丸め、表面をチョコレートでコーティングし、ココアやらなんやらまぶしたお菓子がトリュフです。

トリュフ


truffle(truffe)という高級なきのこと形が似ているのでこういう名称になりました。

トリュフ


実は私はチョコレートが苦手なので、トリュフはめったに食べないし、食べてもおいしいと思ったことはないのですが、ゴディバのトリュフなど日本で人気がありますね。

今ならバレンタインデー商品としていろいろ店頭に並んでいるはずです。

この曲はジョージが親友のエリック・クラプトンのことをからかっている歌です。当時クラプトンは、チョコレートが大好きで、食べ過ぎて歯が悪くなり、歯医者にチョコレートを食べるなと言われました。それでもチョコレートを食べることがやめられないクラプトンへジョージが捧げた曲です。

歌詞に出てくる Creme tangerine、 Montélimar、ginger sling with a pineapple heartといったお菓子のほとんどは実際にマッキントッシュの箱詰めのチョコレートに入っていたものから取られました。

歌詞の一部ですが、いろんなお菓子の名前が言われたあとに

But you'll have to have them all pulled out
After the Savoy truffle.


となっています。

訳は「サヴォイトリュフを食べたら、ほかのものはpull out しなければならないだろう」ですが、私が思うにここには二つの意味があります。

1.サヴォイトリュフを食べると、それがあまりにおいしいので、もうほかのお菓子には手がでなくなる。

という意味と

2.サヴォイトリュフを食べると、歯を全部抜くはめになる。

また、

You know that what you eat you are,
But what is sweet now, turns so sour--


という箇所もおもしろいです。
what you eat you areはYou are what you eat の倒置。この文章はことわざのようなもので「あなたという人はあなたの食べるもので表される」という意味です。

そして次の行は「今は甘い(sweet)ものも、あとで酸っぱい(sour)ものになる。」 sour は酸っぱい、という意味ですが、ひじょうに不愉快な、という意味もあります。

今は甘いものがあとで酸っぱくなる・・・人生の他のことにも言えそうですね。

edit
タグキーワード
お菓子の出てくる音楽カテゴリの最新記事
2013-02-10 22:00 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © penのお菓子日記 All Rights Reserved.