みたらし団子(白玉粉で) - penのお菓子日記

みたらし団子(白玉粉で)

みたらし団子も好きなおやつでよく作ります。なんといっても簡単だし、あっという間にできるのがいいです。

みたらし団子



名古屋にいたときは、近所の緑地公園にみたらし団子やたこ焼きを売っている屋台が出ており、たまにそこで買っていました。そこの団子がとてもおいしかったので、自分で作ろうなどとは夢にも思いませんでした。

3年前帰ったときはこの屋台はもうなく、母はスーパーで買っていました。売り場ではなくて、入り口の近くにある、出店みたいな屋台みたいなところです。よく知りませんが、ああいうお店はいろんなスーパーと契約してるんでしょうか?

そこのお団子もおいしかったです。



近所に売ってない今、食べたければ自分で作るしかありません。

私がよくやるのは白玉を作って、串にさしてたれをかけるもの。これが一番簡単だと思います。みたらし団子の味はようはタレで決まるので、団子そのものにはあまりこだわらなくてもいいでしょう。

需要はないと思うけど作り方:
【団子】
・団子は袋に作り方が書いてあるので一応それをチェック。白玉粉はゆでればいいのですが、団子の粉は蒸して、ついたほうがいいです。ともに電子レンジでゆるめの生地を蒸すとかなりもちもちになります。白玉粉にはその日の気分と粉の在庫状況により、コーンスターチを少し混ぜることもあります。

・粉にぬるま湯(水でもいい)を少しずつ入れて練りながらたねを耳たぶぐらいの堅さにする。

・それを団子状に丸める→ゆでる(団子がゆだると浮いてくるのでわかります。ひとつぐらい食べてチェックしてもいいかもしれません)。

・ゆだったらザルにとって水で洗ってぬるみをとる。

・団子を串にさす(思うに、べつに串にささなくても、食べられるのでいいのですが、ずっと串にさしていたら、串にささないと子どもが食べないのです)

・たれをかけて食す。団子は焼かずいきなり食べてますがそれでも充分おいしいです。

【たれ】
配合はお好みですが私の場合
しょうゆ 大さじ2
砂糖 大さじ4
片栗粉(コーンスターチ使ってるけど)大さじ1/2
水 大さじ4

以上を耐熱ガラスの計量カップに入れて、レンジに適当にかける(途中で様子を見がてら取り出してかきまぜると尚いいでしょう)。もちろん小鍋などを使ってもいいですが、レンジだと少量でもうまくできます。

タレのおいしさを決めるのはしょうゆだと思います。まろやかな味のしょうゆのほうがおいしいでしょうが、贅沢は言ってられません。いつもそのへんにあるしょうゆを使っています。

line



団子の串は一度可愛いかんざしみたいなのをクオカさんで買ったことがあります。今ほど物を増やさないようにするポリシーが徹底していなかった頃のことです。考えの浅い私は、この串のよさが全く引き立たないこんな紫色の団子に使いました。

みたらし団子


なぜ紫色かというと紫芋の粉が入っているからです。味はべつに普通でしたが、見た目が異様でした。

串は洗って何度か使いましたが、せっかくきれいだったのに、もっと上手く使ってあげればよかったと思います。


edit
タグキーワード
2013-02-13 10:00 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © penのお菓子日記 All Rights Reserved.
アディポサイトカイン
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。